団体扱自動車保険・火災保険

自動車による事故、お住まいの住居・家財の火災、地震、水災などの災害等が発生した場合の保険に一般契約より割引で加入できる保険です。

加入できる方

組合員(任意継続組合員を除く。)、配偶者、同居の親族等

加入申込みの時期と保険期間

募集期間 加入はいつでも申込みができます。(募集の期限はありません。)
保険期間 補償開始から1年間です。(継続契約も可能です。)

保険の内容

保険会社は、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上、あいおいニッセイ同亜損保の4社から選ぶことができます。

自動車保険の特徴

保険料が最大で約19.2%割引になります。

※1 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの保険始期契約については団体扱割引15%が適用されます。なお、団体扱割引率は、農林水産省共済組合団体扱保険の「契約台数」「損害率」に応じて毎年4月1日に見直しされ変動することがあります。(団体扱割引の名称は、引受保険会社によって異なる場合があります。)
※2 団体扱年一時払による割引

一般契約が無事故による割増引そのまま、団体扱割引で保険料がさらにお得になる団体扱自動車保険

割安 団体扱割引15%適用で保険料はお得です!

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの保険始期契約については、団体扱割引15%が適用されます。なお、団体扱割引率は農林水産省共済組合団体扱保険の「契約台数」「損害率」に応じて毎年4月1日に見直され変動する場合があります。(団体扱割引の名称は、引受保険会社によって異なる場合があります。)

安心 現在ご加入の無事故による割増引もそのまま継承!

現在ご加入中の自動車保険で進んでいるノンフリート等級(無事故による割増引)はそのまま継承でき、さらに団体扱割引15%が適用されます。もちろん、JA共済等からも継承できます。

一部等級が継承できない共済がございます。詳しくは引受保険会社(代理店)までお問い合わせください。
便利 保険料支払方法は、分割払、一時払から選択できます。

保険料支払方法は、一時払、分割払から選択できます。一般契約でのそれぞれの支払方法に比べて、それぞれ約19.2%保険料がお得になります。

団体扱自動車保険を利用すると団体扱割引15%に加えて、次のメリットがあります。

  • 分割払の場合

    一般契約にかかる分割割増5%もかかりません。

  • 一時払の場合

    一般契約に比べて一時払割引5%が新たに適用されます。(団体扱一時払による割引)

お得 ご家族のマイカーもご加入OK!

組合員本人だけでなく、配偶者、同居の親族、別居の扶養親族の所有・使用する自動車も、契約者を組合員本人とすることで、団体扱契約としてご加入いただけます。

団体扱契約は一般契約に比べて約5%割安!

火災保険の特徴

農林水産省共済組合員が団体扱により割安にご契約いただける制度です

補償は安心

ご契約手続きし、保険始期日より補償が得られます

口座振替が始まる前から補償されますので大変安心です

手続きは簡単

お申込み時に現金は不要です。保険開始月の翌々月からの口座振替となります(一時払のほか、分割払もあります)

(注)
  • 割引率は次の通り算出しております

    一時払の場合:団体扱一時払割引分・5%

    分割払の場合:一般契約分割割増分・約5%

  • 団体扱一時払の5%割引は、地震保険には適用されません
  • 団体扱分割払は一般契約分割割増がかからないので、約5%割安となり、団体扱一時払は一般契約一時払に比べて5%割安です
  • 保険期間が1年の場合に限ります

保険料の払込方法

保険料は、加入者が指定した金融機関の加入者本人名義口座から引落しがされます。

分割払いの場合は、保険開始月の翌々月(2ヶ月後)に毎月27日(休日の場合は翌営業日)に引落しさされます。一括払いの場合は指定された日に引落しがされます。

加入手続きの方法、問い合わせ先

詳細はパンフレット及び各社チラシをご覧ください。


メニュー

メニュー